論理的には早い光回線は安定しない?

論理的には早い光回線が安定しないわけの一つとして、光回線は、隣近所の住宅やマンションの中などで回線を分配しているため、使う量が多い人がいるところでは遅くなる場合もあります。
通信量が多くなる週末や夜などの時間帯に特別遅くなってしまい、安定しづらい場合はこの理由のせいかもしれません。
プロバイダにつながらない際に確かめることがあります。
パソコンや機器の設定に問題がないか調べても、おかしい所がなかった場合には、Idやパスワードに入力ミスが無いかどうか、もう一度、よく見てみます。
数字の0とアルファベットのOを打ち間違えるといったようにうっかり間違えやすい文字があるからです。
それでもどうしてもダメだったら、プロバイダに聞いてみてください。
wimaxのデータ通信でしたら、速度の制限がないため仕事でパソコンを使用する方でも心配なく利用可能だと感じます。
パソコンでネット通信する時は、スマホなどのモバイル端末と比べても、ページ容量も多くすぐ通信量が上がるので通信制限なしはありがたいです。
光回線を申し込もうとする時、回線速度が速いと説明されてもそれほどイメージがわかないですよね。
しかし、実際に使用してみると、早いという実感はもてなかったとしても、遅い時は大きなストレスになります。
普段からどれほどのスピードならば自分が快適に使えるのか把握しておく必要があると感じます。

http://www.provider-ryoukin-hikaku-ranking.com/