包皮を切らない包茎手術?

包茎手術は、包茎の状態によってどのような方法が適しているのかが異なります。
かなり皮が余ってしまっていたり、真性包茎やカントン包茎のように剥くこと自体が難しいという場合には、包皮を切除する包茎手術が必要になりますが、仮性包茎の場合には包皮を切らない方法を選択していくこともできます。
例えば、一度包皮を剥いて亀頭を露出した状態にした上で、包皮を縫合固定するという方法や、接着剤で固定する方法ならば包皮を切る必要はありません。
ただし、切らない包茎手術の場合には、あくまでも剥いた状態を癖づけるというだけですので、時間が経つに従って元の状態に戻ってしまう可能性も高くなります。
完全に治したいという場合にはやはり包皮を切除するのが一番効果的です。
http://houkei-syujyutsu.sakura.ne.jp/