琥珀は世界中で人気?

世の中に存在している多くの宝石が鉱石で出来ていますが、琥珀は鉱石ではありません。
琥珀は数千年から数億年以上前に樹生していた木の樹液が長い時間をかけて次第に固まって土に埋もれたものです。
その木の種類や産地によって色も様々で、樹液が固まるときに虫が入ったものや木の葉が入ったまま固まったものなどじつに種類豊かです。
主な産地はポーランドやロシアなどですが日本でも岩手県久慈市で8500万年前の琥珀が見つかっています。
黄色を帯びた飴色をしていますが、色も変化に富み、赤味を帯びたものから黄色いものまであり、その微妙な色合いの変化が魅力で現在は宝石として世界中の人から愛されています。
鉱石ではありませんが、硬度は鉱石と同じ位あります。
古代には装飾品に用いられたり、中国では滞った血の巡りをよくしてくれ、精神を安定させるものとして漢方薬にも用いられていたようです。
またバイオリンの弓のフロッグに用いられることもあります。